音楽理論 ざっくり解説

音楽理論をざっくり解説します。最低限のポイントだけ知りたい方へ

ギターをチューニングする 後編

スポンサーリンク

ギターをチューニングする 後編です。前編はこちら(ギターをチューニングする 前編

基本的なチューニングの仕方は前編で学んだので、今回は少々難しい雑学的なことを勉強しましょう。

 

ハーモニクス

前編で学んだ5フレットでチューニングする方法の延長のような形で、ハーモニクスでチューニングする方法があります。

ハーモニクスとは12フレット・7フレット・5フレットなど、ある特定のフレット上に指を軽く置き、ピッキングと同時に指を離すことで倍音を出す奏法のことです。これを使ってチューニングすることも出来ます。

f:id:mie238f:20190202014603j:plain

5フレットチューニング同様、3弦と2弦のときは他のフレットと異なるので注意しましょう。

スポンサーリンク
 

しかし、解説しておいて申し訳ないのですが、一般的にはこの方法でチューニングしてはいけないと言われています。

なぜなら、ハーモニクスは純正律の音が出ますが、ギターのフレットは平均律で作られているからなのです。

純正律とは3/2 とか4/3 とか、非常に単純な振動数比によって音程を割り出した音のことで、これを用いると綺麗なハーモニーを作り出すことができますが、転調に弱いという欠点があります。

一方平均律では、例えば本来3/2(=1.5)とすべき音程が1.498 のような「ちょっとズレた状態」になっています。振動数比が複雑になるため当然ハーモニーは純正律に比べて汚くなりますが、どんなキーにも転調できるというメリットがあります。

 

少々難しい説明になってしまいましたが、つまりギターは平均律で弾くように設計されている楽器(転調できないと困るのでw)なので、各弦も平均律に則ってチューニングしなさいということです。

前編で紹介した5フレットチューニングならば、ちゃんと平均律でチューニングされますよ。(ま、どちらにしてもチューナーを使えば何の問題もないのですがw)

 

オクターブチューニング

では最後にこれを解説して終わりにしましょう。これはチューニングと言うよりはエレキギター特有の調整方法です。アコギには関係ない…わけではないのですが、アコギの場合は素人が下手にやると大変なことになるので、やめたほうがいいです。

エレキギターのブリッジ部分には、ネジがくっついていますよね。これをドライバーでクルクル回すことによって弦を支えている部分(サドル)が動き、弦長が変わります。

f:id:mie238f:20190202015241j:plain

これを利用して、12フレットを押さえたときの音と、12フレットをハーモニクスしたときの音が同じになるように調節することをオクターブチューニングと言います。

f:id:mie238f:20190202015312j:plain

12フレットを押さえると開放弦に対して1オクターブ高い音が出ます。物理が得意な方はご存知だと思いますが、実はここは弦を2等分した位置なのです。

しかし日々のプレイや弦を交換したとき、或いは弦高とか押さえ方の癖とかで徐々にズレが生じ、ピッタリ真ん中ではなくなってしまいます。

これが狂っていると、フレットを押さえたときに正しい音が出なくなってしまいます。特にハイポジションのときに誤差が大きくなります。

 

一方、12フレットのハーモニクス音は開放弦に対してピッタリ1オクターブ高い音、つまりナット・ブリッジ間のピッタリ真ん中を節とした音が出ます。これは自然の摂理なのでズレようがありません。(私は現在ギターを所有していないので確かめようがありませんが、科学的にはそうなるはずですw)

ですので、ハーモニクスの節の部分と12フレットの位置が一致するように調節しましょう、と言うのがオクターブチューニングなのです。

 

12f > ハーモニクス

まずは12フレット押弦音がハーモニクス音よりも高い場合ですが、これは下図のような状態になっているわけです。(かなり極端な図ですが…)

f:id:mie238f:20190202020034j:plain

12フレット押弦音の弦長は5cmですが、先述のようにハーモニクス音は弦のピッタリ真ん中を節としますから、弦長は7.5cmです。よって、12フレット押弦音のほうが高い音になるのです。

これを是正するためには、ブリッジ部分(正確に言うとサドル)を伸ばして(図で言うと左方向に動かす)12フレット・ブリッジ間が10cmになるようにしてやればいいのです。

 

12f < ハーモニクス

次に12フレット押弦音がハーモニクス音よりも低い場合ですが、これは下図のような状態ですね。

f:id:mie238f:20190202020202j:plain

12フレット押弦音の弦長は15cmですが、ハーモニクス音は12.5cmです。よって12フレット押弦音のほうが低くなります。

この場合は、ブリッジ部分を図の右方向に動かすことで是正されます。

 

 

さて、これでチューニングは完璧ですね。

チューニングが出来たら、実際にコードをジャカジャカ弾いてみましょう。

www.mie238f.com