音楽理論 ざっくり解説

音楽理論をざっくり解説します。最低限のポイントだけ知りたい方へ

コード進行の規則 後編

スポンサーリンク

はい、コード進行の規則 後編です。

前編では、音階上の7つ(使うのは6つ)の和音の役割について説明しました。今回は、もう一歩踏み込んでノンダイアトニックコードについて解説いたします。

ダイアトニックとは簡単に言うと「音階上の」という意味で、ハ長調で言うとドレミファソラシドのことですね。今から説明するのは「ノンダイアトニック」なので、ハ長調の音階上に無い音を使っているコード。#とか♭がついたものについて解説する、ということです。

前編で「AmはCと似ているからトニックだ」という都合のいい解釈をしてコードを分類していったことを覚えていますか? ノンダイアトニックコードも、引き続きそのやり方で分類していきます。個数が多いので一気にいきますよ。

 

C7 …Cに似ているのでトニック

D7 …Dmに似ているのでサブドミナント

F7 …Fに似ているのでサブドミナント

A7 …AmにもCにも似ているのでトニック

Cm …Cに似ているのでトニック

E♭ …Cmに似ているのでトニック

 

何となく分かってきましたか?

ではちょっと難しいやつ行きますよ。Fmは何でしょうか? …おっと失礼、これはまだ説明していませんでした。Fmは一見サブドミナントのようですが、ラ♭の音が含まれています。このラ♭が曲者で、普通のサブドミナントとはちょっと違った雰囲気を持っています。

よってこれはサブドミナントマイナー(SM)という新しいカテゴリーに分類します。戦隊ヒーローで言うと6人目の戦士的なポジションですね。サブドミナントマイナーに分類されるコードは他に、B♭7A♭などがあります。いずれもラ♭を含んでいますね。

サブドミナントマイナーはサブドミナントとドミナントの中間の性質を持っています。つまり、ドミナント程ではないものの、かなりトニックに行きたがる。そんな性質です。サブドミナントマイナーはトニックとドミナントには進むことができますが、サブドミナントには進めません。

コード進行とは滑り台のようなものです。トニックが滑る部分。それ以外は梯子です。短い梯子から長い梯子には行けますが、長い梯子から短い梯子には行けません。結局のところ、カデンツとはこの中のどれかを省略したものです。

f:id:mie238f:20170812033533j:plain

では話を戻して、コードの分類を進めましょう。難しいやつ行きますよ。D♭7は何でしょうか? これはサブドミナントマイナーっぽいのですが、実はドミナントです。D♭7にはファとシが含まれています。これは前編で紹介したトライトーンです。

よってD♭7はトニックに進みたい性質があるので、ドミナントなのです。ポピュラーではこれを「裏コード」と言います。G7とは一見似ても似つかないのに同じ性質を持っている、コインの裏表のような関係なのでそう呼びます。

この関係を定義することにより、次のコードも分類できるようになります。

 

F#7 …C7と同じトライトーンを持つのでトニック

B7 … F7と同じトライトーンを持つのでサブドミナント

 

ところで、色々分類してまいりましたが、初心者の方で「ノンダイアトニックコードをいつ、どのように使えばいいのか」という質問をする方がいます。

答えは、好きなときに使ってくださいw

今まで何のためにコードを分類してきたのかと言うと、それはコード進行のバリエーションを増やすためです。例えばF→G→Cというコード進行に対して何か変化をつけたいと思ったら、それぞれのコードに同じ機能(TやSなど)の代理コードを当てはめていけばいいのです。ダイヤルロック式の鍵のように、好きなものを選びましょう。

f:id:mie238f:20170812033658j:plain

サブドミナントのところにサブドミナントマイナーも入っていますが、まぁ似たようなもんです。ドミナントのところにサブドミナントマイナーを入れることもできますよ。

難しく言うと、トニックやドミナントとは「主語」とか「動詞」みたいなもんです。主語のところにIを当てはめるかyouを当てはめるか。あるいは意表を突いてthoseとか。それだけのことです。

 

さて、ノンダイアトニックコードの分類、理解できましたか?

この分類法のデメリットは、難しいコードになるほど複数の性質を持つようになり、分類が意味を成さなくなってしまう点です。例えばE7は、Emに似ているからトニックの性質を持つし、Amに進行したがるからドミナントでもあるし、B♭7の裏コードであるからサブドミナントマイナーの可能性だって有り得ます。

しかし大事なのは曲そのものであって、分類ではありません。別にトニックだろうがドミナントだろうが、貴方が作った曲は1ミリも揺らぎません。自分に都合の良いように解釈してしまうのが一番です。

 

ちなみに…クラシックの和声法では、ノンダイアトニックコードが出てきたら、その部分は一瞬転調している(借用と言います)と考えます。

例えばC→D7→G というコード進行があったとき、「D7ってトニックかな…サブドミナントかな…」などと悩むのではなく、「Gに対してのドミナントである」とバッサリ分類してしまいます。この考え方のほうが暗記する量は少なくて済みますね。

転調や借用について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

www.mie238f.com

色々解説してまいりましたが、結局のところコード進行は「自由」です。一つのコードで多様な解釈が出来るため、どうにでも説明できてしまうのです。

G→F という進行でさえ、考え方によってはG→F#→F のF#を省略した形であるとも言えます。これなら全く問題ありません。

斬新なコード進行を使って格好良い曲を生み出してください。