音楽理論 ざっくり解説

音楽理論をざっくり解説します。最低限のポイントだけ知りたい方へ

分数コード

スポンサーリンク

今日のテーマは、分数コードです。

和音を弾く際、本来弾くべきベース音とは違う音を指定される場合があります。そのとき、コードネーム上ではスラッシュを書いてその横に指定のベース音を書き記しておくのですが、その形が数学の分数のように見えるので、そういったコードを一般的に「分数コード」と呼ぶのです。

 

…え、何言ってるか分からない?

 

つまり、通常「C」と書かれていたらドミソの和音を弾き、ベース音はドを弾くわけですが(下譜例左)、「C/D」と書かれていた場合、和音はドミソのままですが、ベース音はD(つまりレ)を弾くのです。(譜例右)

f:id:mie238f:20180113004956j:plain

分子が和音を表し、分母がベース音を表している。ただそれだけのことです。ベース音に関わることですから、ベーシストは当然マスターしておきましょう。

 

書き方は何種類かあります。先程言ったようにスラッシュで表すのが正式ですが、「on」と書く人もいます。

これはなぜかと言うと、分数コードは「オン」と読むからなのです。「C/D」であれば「シー・オン・ディー」と読みます。そのため分数コードのことを「オンコード」と言う人もいます。

f:id:mie238f:20180113005042j:plain

ただし、ここで注意。

スラッシュではなく横棒で書いてしまうと、違う意味のコードになってしまう場合があります。これは「Dコードの上にCコードを乗せる」という意味もあるため、紛らわしいので横棒で書くのはやめておいたほうが無難です。

…まぁ前後の繋がりを見れば、どちらを表しているのかは分かりますけどね。

f:id:mie238f:20180113005108j:plain

あともう一点。

「オンコード」などと横文字使ってカッコつけていますが、おそらくこれは日本だけの呼び方です。英語では「スラッシュコード」とか「オーバーコード」などと呼んでいるようです。

「オンコード」と呼ばれていないのであれば、きっと海外では「on」と書くこともないでしょう。自分の曲を海外の人にも弾いてもらいたいと思っている人は、今後「on」と書くのはやめましょうw

そもそもこの書き方だと「Caugadd9onD」みたいな状況のときには非常に分かりにくい。誰が考えたのか知りませんが、こんなものは廃止しましょう。

スポンサーリンク
 

さて、分数コードとは、通常とは異なるベース音を指定されたコードのことです。1オクターブの中には12個の音があり、その内の1つは通常のベース音ですから、分数コードは一つのコードに対して11種類存在することになりますね。

f:id:mie238f:20180113005333j:plain

これら11種類のコードは、だいたい次のような分類をすることができます。

 

・転回形

・経過音型

・テンション型

・未解決型

 

ただし、これは私が勝手に考えた分類なので、スタジオなどで「このテンション型の分数コードが~」などと得意気に言っても誰にも通じませんよw

 

では順番に見ていきましょう。

まず転回形の分数コードですが、これは元から和音の構成音だったものが低音を担うパターンです。C/E , C/G , C/B♭ がそうですね。

クラシックでは第一転回形・第二転回形・第三転回形と呼ばれますが、これらの和音については既に別ページで解説済みですので、詳しく知りたい方はそちらをご覧下さい。
www.mie238f.com

はい、では次は経過音型です。

簡単に言ってしまえば、ドの音からミの音まで行きたい場合、ド→ミ とダイレクトに進行するのではなく、間にレを挟んでド→レ→ミ と滑らかに進行させるとき、そのレの音のことを経過音と言います。

分数コードのこのような使われ方としては、例えばC→Am という進行のときに間にC/Bを挟むことで、ベースラインを滑らかにすることがあります。場合によっては先程のC/B♭でもいけますね。

f:id:mie238f:20180113005523j:plain

或いは、Am → Am/G# → Am/G → Am/F# のように、半音ずつ動かすパターンもあります。

f:id:mie238f:20180113005540j:plain

次はテンション型です。

テンションコードを表記する際は、G7(9 , 11 , 13) のように数字をずらずらと並べていくのが正式なやり方ですが、これだと書くのが面倒だし、一目見ただけでは構成音が分かりません。

分数コードの形で書くことで、それらの手間を省略できるものがあります。C/D , C/F , C/A あとは場合によっては C/B , C/F# なんかもこのグループに当てはまります。

例えばD7(9 , 11) と楽譜に書いてあっても、なかなか一瞬では構成音が分かりにくいのですが、C/D と書いてあれば楽勝です。ギターは分子を弾いて、ベースは分母を弾くだけなのですから。

f:id:mie238f:20180113005656j:plain

構成音はどうなるでしょうか。

分子にC(ドミソ)としか書いていないわけですから、真ん中に堆積していた音がダルマ落としのようにゴッソリと無くなってしまいます。

特に3rdの音がなくなってしまうことで、当初意図していたD7とはちょっと違った浮遊感あるサウンドになります。これは好きな人にとっては堪らない響きなので、使う人はとことん使います。

 

また、当初のコードから見て11thに当たる音が含まれている場合、その11thをsus4に読み替えることで C/D → D7 のようなコード進行をすることも可能です。

f:id:mie238f:20180113005825j:plain

そのままテンションとして使うか、sus4として元の3度堆積和音に戻るか。この2つの使い方があることを覚えておきましょう。

 

では最後、未解決型です。

これは、本来の和音に対する倚和音として形成されたはずの和音が、解決せずにそのまま居座ってしまった形です。

具体的に言うと、C/C# という和音はC#の転位和音で、本来であればすぐにC#に戻らなければいけないのに、それがいつまでも解決せずに居座っている状態、ということです。

f:id:mie238f:20180113005918j:plain

C/E♭ , C/F# , C/A♭ などがこのグループに含まれます。あとは先程のC/Bなどもそうですね。

ただし、弾いてみれば…いや、弾かなくても分かりますが、現代音楽に出てきそうなトンデモナイ響きの和音ですから、普通のポップスなどで使われることはまずありません。

 

さて、これで全ての分数コードの分類が終わりました。繰り返しますが、この分類法は私が勝手に考えたものなので誰にも通じませんよ。

コード初心者の方は、分数コードまで分かるようになればもう一人前です。コード譜を初見で弾けるようになったら、バンドを組んだりライブに挑戦したりしてみましょう。