音楽理論 ざっくり解説

音楽理論をざっくり解説します。最低限のポイントだけ知りたい方へ

拍子 前編

スポンサーリンク

今日のテーマは「拍子」です。

前編では楽譜が読めない初心者の方向けに基本事項を説明いたします。既にある程度の知識がある方は、前編は適当に読み飛ばして後編からお読みください。

 

拍子とは、強拍とそれに付随するいくつかの弱拍によって形成されるリズム周期のことです。

…え、何言ってるか分からない?

 

えーと簡単に言うと、とりあえずご自身の好きな曲を再生してみてください。そしてその曲のリズムに合わせて「1、2、3、4、1、2、3、4…」とカウントをしてみましょう。

 

…どう? ピッタリ合うでしょ?

この「1、2、3、4」という一つの区切り(周期)のことを「拍子」と呼びます。

また、4という周期でカウントできる曲の拍子のことを「4拍子」と言います。普段よく聞くポピュラー音楽はほとんどが4拍子です。試しに色々な曲を聞きながら「1、2、3、4」とカウントしてみましょう。ほとんど(と言うか全て)の曲でピッタリ合うはずです。

 

さて、拍子がカウントの周期であるならば、当然4以外のカウントで進行する曲も作ることができます。次に紹介するのは3拍子です。

これは「1、2、3、1、2、3」というカウントをすることでリズムがピッタリ合う曲のことです。クラシックでワルツやメヌエットと呼ばれる曲は3拍子です。

ポピュラー音楽では数が少ないのでなかなか例を挙げるのが難しいところですが、童謡の「ぞうさん」「こいのぼり」など。

 

あとは、AKB48の「願いごとの持ち腐れ」

www.youtube.com

 

諫山実生の「月のワルツ」

www.youtube.com

 

などが3拍子です。

あと、分かりにくいが実は3拍子である曲の例としては、誕生日に歌う「Happy Birthday to You」や、ラヴェルの「ボレロ」など。

スポンサーリンク
 

4→3と来たので、次に紹介するのは2拍子です。これは「1、2、1、2」とカウントするので、4拍子とあまり変わりません。

では何が違うのか。図で説明すると次のようになります。

f:id:mie238f:20180303062354j:plain

冒頭で言ったように拍子と言うのは強弱のパターンのことであり、基本的には「1」とカウントする部分がアクセントになっています。4拍子は「強、弱、弱、弱」、3拍子は「強、弱、弱」、2拍子は「強、弱」です。(4拍子の3カウント目は一般的には中強と呼ばれますが、ここでは分かりやすく「弱」と言っています)

つまり4拍子の3カウント目は弱(あるいは中強)でカウントするのですが、2拍子の場合は中強などと言う生易しいものではなく、1カウント目と同じパワーでアクセントを置きなさい、と言われているわけです。

これは感覚の問題なので、文章で説明するのは非常に難しい。初心者の方には違いが分からないかもしれません。

とりあえず、例としてはこちら。

www.youtube.com

この「ズン、チャ、ズン、チャ」というリズムが「強、弱、強、弱」になっているのがお分かり頂けるでしょうか。

たまに「拍子の数え方が分からない。2で数えようが3で数えようが一緒じゃないのか」と言う人がいますが、さすがにこの「ズン、チャ」のリズムを「1、2、3」と数える人はいないでしょう。

歩くときに「右足、左足、右足、左足」というリズムを「1、2、3、1、2、3」と数える人はいません。普通は「1、2、1、2」と数えます。なぜならそのほうが単純で合理的だからです。「1、2」で数えれば必ず同じ足と同じ数字が対応しますが「1、2、3」だと足と数字がバラバラになってしまう。非合理的です。

「ズン、チャ」は「1、2」と数えたほうが合理的。それだけのことです。

 

では、それ以外の特殊な拍子を解説して終わりにしましょう。

代表的なのは5拍子と7拍子で、これらは混合拍子と呼ばれます。また、一曲の中で拍子がコロコロ変わるものもあり、こちらは可変拍子と呼ばれるようですが、ポピュラー音楽ではどちらも「変拍子」と呼んでしまいます。

 

もういちいち説明しなくてもお分かりだと思いますが、5拍子とは「1、2、3、4、5」というカウントでリズムがピッタリ合う曲のことです。

例としては、ミッション:インポッシブルのテーマの冒頭。

www.youtube.com

 

7拍子の例としては、ビートルズの「All You Need Is Love」のAメロ「love love love」と歌っているところ。(正確に言うと、4拍子と3拍子の交替)

www.youtube.com

 

拍子がコロコロ変わる曲の例としては、民謡「あんたがたどこさ」や、ゴジラのテーマ。

www.youtube.com

ちょっと話がズレますが、私はこのゴジラのテーマの不規則な拍子を聞くたびに、ゴジラがランダムに街を破壊していく様子を想像してしまいます。「1、2、1、2」と規則的にビルを壊していたら何も面白くありません。ゴジラが「次はどれにしようかな」と考えながら不規則なリズムで壊していくからこそ恐怖が生まれるのです。名曲です。

 

さて、拍子の基本的な概念が理解できたでしょうか。後編では楽譜も絡めて解説いたします。

www.mie238f.com