音楽理論 ざっくり解説

音楽理論をざっくり解説します。最低限のポイントだけ知りたい方へ

Ⅳ諸和音

スポンサーリンク

今日はⅣの和音の変形についていくつか勉強します。

ただ、私はあまりこの辺の和音が好みではないので、普段一切使いませんw よって本などに書いてあることを何となく紹介するだけになりますのでご了承ください。

 

まずは「ドリアのⅣ」です。

短調のⅣの和音の第3音が半音上がった形で、7thや9thの音をくっつけた状態でも使われますが、やはり一番よく使われるのはセブンスの形らしいです。

f:id:mie238f:20180102121025j:plain

美味しそうな名前ですが、そっちは一旦忘れてください。ドリアという名前は、教会旋法の一つであるドリア旋法から来ています。

f:id:mie238f:20180102121047j:plain

このように、ドリア旋法とは短調のスケールからラの♭が外れたような状態になっています。このスケール上にⅣの和音を作ると、調度先程のような和音が出来上がるので「ドリアのⅣ」と呼ばれます。

 

この和音はドッペル・ドミナントの代理コードで、次はドミナントに進みます。ただし一つ注意事項がありまして、ドリアのⅣには限定進行音があるのですが…

 

…え、7thと9thが限定進行音なのは知ってるって?

いやいや、そうではなくて、第3音のラも限定進行音なのです。上行してシのナチュラルに行きます。

この限定進行のパワー、なぜか物凄く強力なのです。何が何でもⅤの和音に行きたいらしく、Ⅰの第二転回に行くことすら許されません。ラ→ド→シという進行をすれば何も問題なさそうですが、とにかく駄目! の一点張りです。

 

ま、私は元々使わないので知ったこっちゃないですがw

スポンサーリンク
 

では、もう一つⅣの和音の変形を紹介しましょう。

まずは以下の和音をご覧下さい。

f:id:mie238f:20180102121203j:plain

一番左は、Ⅳの和音に6度の音がくっついた形ですね。真ん中は、左の和音の状態から5度の音を半音下げた形。そして右側は、真ん中の状態からさらに3度の音を半音下げた形です。

もちろん、組み合わせを変えることでこれ以外のパターンを作ることも可能です。例えば、一番左の和音の状態から第3音を半音下げるとか、6度の音をくっつけずに単に5度を半音下げるとか。

 

…でも、これらの和音って既に別の名前で登場してますよね。

左の和音はⅡの第一転回ですし、真ん中は属九の和音。右は減七の和音です。なぜ一度登場したものをわざわざⅣの和音の変形として二重に処理しなければいけないのか。

私がこれらの和音を好きになれない理由はここなのです。「ウルトラマンジャック」って言うから新しいキャラクターかと思って期待していたのに、お前よく見たら新マンじゃねーか! と思ったあの日を思い出します。

 

ではなぜ同じ和音なのに名前が違うのか。

答えは、用途の違いです。バイオリンがカントリー音楽のときはフィドルと呼ばれ、コントラバスがジャズのときだけウッドベースと呼ばれるのと一緒ですね。

 

T→S→T というカデンツの際に、Sの部分でやたら音が動き回って和音が複雑化してしまう現象がまれに起こります。その結果生じるのが上の譜例のような和音です。ドミナントではなく、サブドミナントが一時的に複雑化した形なので名前が違うのです。

ポピュラーでも、C→F→C というコード進行のFの部分をちょっとイジってFmを挟んだりする場合がありますよね。それの発展形だと思ってください。理論的には「構成音は属九と偶然一緒であるが、あくまでⅣの変形によって生じた和音である」ということです。苦しい言い訳ですが。

 

とりあえず限定進行音の説明をしておくと、6度の音と、半音下がった第5音は上行。そして第3音は強制ではありませんが下行するのが望ましいらしい。そして根音のファはドへ。

f:id:mie238f:20180102121528j:plain

私にはこの和音の響きがサブドミナントではなく属九にしか聞こえないため、このファからドの進行がとてつもなく気持ち悪い。だから自分の曲で一度も使ったことがないのですが、これを読んでいる皆様は私のようにはならないでくださいねw

 

さて、これでⅣ諸和音の解説が一通り終わりました。私も本などを改めて読み直しながらの解説だったので、非常に勉強になりました。

帰ってきたウルトラマンと「和音の好き嫌いをせぬこと」という誓いを立てなければいけませんね。