音楽理論 ざっくり解説

音楽理論をざっくり解説します。最低限のポイントだけ知りたい方へ

第二転回形の和音

スポンサーリンク

続きまして、第二転回形の和音です。

第二転回形とは「ドミソ」のソの音がルートになった形のことです。コードで言うとC/GとかF/Cとか、そういうやつです。

f:id:mie238f:20171122112545j:plain

第一転回は、単にルートがドからミに変わっただけ、と解釈することが可能です。しかしこの第二転回形の和音はちょっと特殊です。ルートが変わっただけではないのです。

今からそれを解説いたします。

 

第二転回形の和音に含まれている「ソ→ド」の音程は4度です。この4度の音程が曲者です。試しにピアノで鳴らしてみましょう。

 

「ソド~」「ソド~」「ソド~」

 

不協和音というわけではないんだけど、どことなく落ち着かない気分になりますね。

実はこの4度の音程はけっこう不安定なので、安定した3度の音に解決したくなる性質を持っています。「ソド」の後に「ソシ」が来ることで、和音が安定します。

f:id:mie238f:20171122112652j:plain

歴史的には、元々別の和音だったものが(下図譜例1)前の和音が引き伸ばされる形となり(2)最終的に前の和音とか関係なく勝手に音が変化するようになった(3)というわけです。

f:id:mie238f:20171122112725j:plain

つまり倚音ですね。「ソシレ」のシとレの音が変化して「ソドミ」になったわけです。

第二転回形の和音というのは独立した和音ではなく、基本形和音の特殊型なのです。「ソドミ」という構成音なので、一見するとCのコードの仲間かと思われますが、実はGのコードの仲間なのです。

「シレ」の音が一時的に変化して「ドミ」になってしまった。しかしそのままでは不安定で存在し続けることができないため、結局元の3度堆積に戻ってくる、というわけです。

 

物理学的に言うと、電子の励起と一緒です。

エネルギーを得て励起状態になった電子は不安定ですが、エネルギーを放出して元の軌道にストンと落ちることで安定状態に戻ります。それと一緒です。

「ドミ」という励起状態から「シレ」という基底状態にストンと落ちることで安定するのです。

スポンサーリンク
 

ところで、和声では「シレ」の2音が変化して「ドミ」になりますが、ここでレは変化させずにシだけ変化させたらどうなるでしょうか。構成音は「ソドレ」になって、ポピュラーで言うところのsus4のコードになります。

第二転回形の和音はsus4の仲間なのです。実際のクラシックのスコアを見てみると、第二転回ではなくsus4の形で使っている曲もありますよ。

sus4の後には基本形和音がくっつきます。Gsus4の後にはGです。それはこういう理由だったわけです。

(最近のポップスではGsus4を単独で使う曲をたまに見かけます。Gを経ないで直接Cに行ってしまうのですが、作曲者は自分で聞いてて気持ち悪くないのでしょうか)

 

さて、今回は第二転回形和音の意外な正体が明らかになりましたね。

あ、そうそう。倚音やその他の非和声音についてはこちらでも少しですが解説しております。興味のある方はどうぞ。

www.mie238f.com