音楽理論 ざっくり解説

音楽理論をざっくり解説します。最低限のポイントだけ知りたい方へ

絶対音感とは

スポンサーリンク

巷でよく使われる言葉の割に、あまり理解されていない音楽用語第一位。

そんな絶対音感が今日のテーマです。

 

まず定義から説明すると、絶対音感とは「ある音を聞いたときに、その音名を認識することができる能力」のことです。つまり、ピアノの音でもクラクションの音でも犬の鳴き声でも何でもいいのですが、何らかの音が鳴ったときに、それがドなのかレなのかミなのかが瞬時に分かる、ということです。

しかしこの名前がよくないですね。「絶対音感」って…。なんか必殺技の名前みたいで、それが一般的に誤解を生む原因になっていると私は思います。この名前のせいで、何だか一流音楽家であるための必要十分条件であるとか、普通の人間ではないみたいな感じになってしまっていますよね。

これは英語の「Absolute Pitch」を直訳してしまったためなのですが。「絶対に…」という意味ではなくて、「相対」の反対の意味にすぎないんですよ。

 

あ、ちなみに相対音感という言葉もありますので、それも少し解説しますね。(絶対音感の知名度の割には、残念ながらこちらは全然知られていませんね)

先程絶対音感の説明のときに、ある音が鳴ったときに瞬時に音名を認識することができる能力だと言いました。それに対して相対音感とは、何か基準となる音をもらえば、音名なり音程を認識することができる能力のことです。

ざっくり言うと、ある音が鳴ったとき、絶対音感の人は音を聞いただけで「あ、レだ」などと分かるのですが、相対音感の人は「これがドの音だよ」と、何か一音ヒントを貰えれば「あ、これがドか。じゃあさっきの音はレだな」と理解できる、ということです。

この説明だけを見ると絶対音感のほうが凄いように思えますが、実はどちらもメリット・デメリットがあるので、優劣はつけられないところです。絶対音感のメリットは「耳コピが楽」というただ一点に絞られると言っても過言ではないので、一生耳コピをしない人生であれば相対音感のほうがいいでしょう。

 

初歩的な相対音感は誰でも持っている、と言っても問題ないでしょう。

ピアノがあれば簡単に実験できます。

 

レ ミ ファ♯ ソ ラ シ ド♯ レ

 

これを聞いて、ドレミファソラシドと鳴っているように聞こえれば、あなたは相対音感の耳を持っていると言えます。絶対音感が音の高さそのものに着目しているのに対し、相対音感は音と音との関係性に着目しているということですね。

 

絶対音感は「ある」「なし」で語られてしまうことが多いのですが、そういうわけではありません。白黒ではなく、グレースケールなのです。

私は一応絶対音感がある、ということになっています。クラクションの音や踏切の音がドレミで聞こえる。店で流れているBGMのメロディもなんとなくドレミで認識することはできる。しかし速い曲は分からない。複雑な曲も分からない。

一度聞いた曲を完全再現できるか、と言ったら全然そんなことはない。勿論簡単な曲ならコードとメロディを弾くことはできますが…。

しかし、世の中にはもっと凄い耳を持った人がゴロゴロいます。もちろん曲を完全再現できる人もいますし、音ではなくHz単位で分かる人もいます。

 

このへんも一般の方には分かりづらいようなので、簡単に説明します。

あなたは色をどう認識していますか?

道を歩いていて、「あ、赤だ」「あ、青だ」など、瞬時に(というか無意識に)認識していますよね。絶対音感とはこういう能力だと思ってください。赤が赤として見えるように、ドはドとして聞こえるのです。

ただし、その精度は人によって様々です。美術関係やファッション関係の仕事をしている人であれば、赤の中でも「これは紅色」「これは朱色」「これはピンク」と、詳しく判別できることでしょう。絵の具があれば完全再現できるかもしれません。

しかし私はファッションなんて全く興味がないので、全部同じ赤にしか見えない。下手したらピンクも赤に見える。

そんな感じです。

 

説明が駆け足になってしまいましたが、絶対音感とはこんな能力です。普通に生活する上では何の役にも立たないですね。

誰が訳したのか知りませんが、「絶対」という響きに騙されないようにしましょうw