音楽理論 ざっくり解説

音楽理論をざっくり解説します。最低限のポイントだけ知りたい方へ

ジャズの演奏の仕方

スポンサーリンク

今回はジャズの演奏の仕方について解説します。

私はピアノ弾きなので、主にピアノについての解説になってしまいますが…。

 

さて、ジャズと言えば、なんと言っても最大の特徴はあの浮遊感のあるサウンドですよね。

あれはどうやって作り出してるのかと言えば、秘密はテンションです。

 

そう、テンションMAXで演奏します。

そうすればジャズっぽい音になります。

 

…すみません。嘘です。

ここで言うテンションとは「緊張」の意味で、音楽用語的には非和声音のことです。

例えば、楽譜にCと書いてあったら普通は何の音を弾くでしょうか。答えは簡単。ドミソです。

しかし、そんなことをしてもジャズにはなりません。

では何をすればいいか。非和声音をいれましょう。

楽譜にはCと書いてあるにもかかわらず、それを無視してレやらシやらの音を入れます。ドとかソなんて弾かなくても問題ありません。

 

ドミナントについても見ていきましょう。こちらは比較的作りやすい。

なぜかと言うと、例えジャズであってもトニックは「安定」という性質があるため、テンションを入れる加減が非常に難しい。入れすぎるとカデンツが一段落したのかどうか分からないし、入れないとジャズにならない。

それに対してドミナントは元々不安定な性質がありますから、少々入れすぎても何の問題もありません。

私は軽快な曲や楽しい曲のときはCメジャースケールの音だけを使うことが多いですね。

それに対して暗い曲や、攻めたい場面ではノンダイアトニックな音も使ったりします。

f:id:mie238f:20170704013007j:plain

今は動画サイトで演奏者の手元や楽譜が簡単に見ることができます。本当に良い時代になったと思います。

ジャズピアノの動画も沢山ありますから、まずはそれらを見まくりましょう。いくつも見ていると、たまに「あ、ここ超カッコイイ!超ジャズっぽい!」という音が聞こえてきます。その部分を真似したり、移調して弾いてみたり、とにかく徹底的に研究しましょう。

そうやって自分に合う弾き方を探していくのが一番の上達方法です。

 

さて、ピアノだけで長々と語ってしまいましたが、他の楽器についても簡単に見ていきましょう。

 

ベースの場合。

いわゆるウォーキングベースですね。四分音符でアルペジオやスケールを弾いていきます。

次のコードのルート音へ滑らかに繋ぐようにするだけで充分それっぽくなりますね。

 

ドラムの場合。

基本はライドシンバルハイハットです。

ライドシンバルをチーチッキ チーチッキ…と叩きながら、ハイハットを2拍・4拍に入れると一気にジャズになりますね。つまりライドシンバルがハイハットの役割で、ハイハットがスネアの役割をするわけです。

本当はブラシのテクニックとか、色々奥が深いのですが、私はピアノ弾きなのでそこまでは分かりません。

 

個人的な意見ですが、ジャズはピアノが一番難しいと思います。

ベースもドラムも特殊な弾き方をすることには違いありませんが、はっきり言ってしまえばベースは動き回るだけ。ドラムは楽器が移動するだけです。

ピアノの場合は、弾く音が全く変わってしまいます。

せっかくコツコツと「Cはドミソ、Gはソシレ…」と覚えて、瞬間的に弾けるようになったとしても、それをもう一度全部覚え直さないといけません。これ、けっこうキツイですよ。

私も最初のうちはけっこう混乱して、ゴチャゴチャに弾いてしまったりしたものです。ジャズを弾いてるときに普通の弾き方をしてしまった場合はまだごまかせますが、普通のポップスなんかを弾いてるとかにジャズの弾き方をしてしまうともうアウトです。

 

ギターも押さえ方が変わるので大変かもしれませんが、ポジションを変えるだけで移調ができますから、理論的には1つ覚えれば12個のコードで応用できます。ポジション移動は弦楽器の最大の長所ですね。

ピアノの移調は平行移動ではできませんから、コードが12個あったら12個を一つ一つ覚えていくしかありません。

大きな難関ですが、これからジャズの弾き方をマスターしようと思っている方には是非とも乗り越えて頂きたいと思います。