音楽理論 ざっくり解説

音楽理論をざっくり解説します。最低限のポイントだけ知りたい方へ

12音技法について

スポンサーリンク

現代音楽の中でも割と理解しやすい部分が12音技法です。

しかも、理論が明快なので作るだけなら初心者でもできる。

というわけで、今回は12音技法についてざっくり見ていきましょう。

 

まず歴史的なことを説明すると、12音技法は20世紀の始め頃に提唱された理論です。提唱者はスクリャービンということになっていますが、諸説あるようです。

調性音楽がだんだんネタ切れになってきて、転調やら借用和音やらをどんどん拡大させていって、ついに無調まで来て、「1オクターブの中の12の音を全部使っちゃえば?」的なノリで開発された技法です。

 

ではどうやって12の音を全部使うか。

簡単です。自分で音階(音列と言います)を考えてしまいましょう。

12の音を1個ずつ使って音列を作ります。できればランダムに配置したほうが調性を感じさせないので好ましいのですが、ここでは説明のために分かりやすい音列にしましょう。

f:id:mie238f:20170701022338j:plain

さて、これを使って曲を作成していくわけです。これらの音を四分音符とか八分音符とかにして、頭から順番に並べていきます。伴奏も和音も全てこの音列を並べていくことで作られます。

あ、ちなみに一つ注意点ですが、一度始めた音列は最後まで使い切ってください。つまりこの場合、ドから始まって、シ♭まで使い切らないといけませんよ。

音を使い切ってしまったらどうするか。もう一度同じ音列を頭から使用してもいいのですが、それではワンパターンになってしまうので、考えた音列をアレンジして使いましょう。

 

アレンジその1 移調

半音上げたり、半音下げたり、5度上げたり、好きに変えましょう。正確には移調ではなく移高というらしいですが。

 

アレンジその2 逆行形

音列を逆から読みます。この場合、シ♭ ラ♭ ソ♭ … という順番になります。

 

アレンジその3 反行形

鏡に映したように上下反転させた形にします。この場合、元の形はドレミ…と2度ずつ上がっていますから、反行形はド シ♭ ラ♭ … ですね。

 

アレンジその4 逆反行形

反行形を逆から読んだものです。

 

このように様々なアレンジ方法があり、また、逆行形などに対しても移高が可能ですから、アレンジパターンは一体いくつあるのでしょう。

しかし音列さえ考えてしまえばあとは機械的に作曲ができますから、ある意味とても簡単な作曲方法です。美しい響きやドラマチックな展開を求める調性音楽と違って、現代音楽は無機質な感じや意味不明な響きが特徴ですから、何も気にすることなく音符を置いていけばいいのです。

 

さて、ここまで長々と説明してきましたが、私は少々疑問があります。

これは12音を平等に使っているのでしょうか。音列には始まりの音や終わりの音があります。私はあまり12音の曲を真面目に分析したことがないので分かりませんが、どうしても始まりの音が主音に近い役割を果たしてしまうのではないでしょうか。

 

もう一つ。

始まった音列は最後の音まで到達させなければいけません。しかし調性音楽ではそんなことはありません。ハ長調の曲で、ドレミ~と音階をスタートさせたらシまで到達させなければいけない、なんてことは一切ありません。

 

まぁ、「12音技法とは、12の音を平等に使いたいという欲求の中で生み出された技法である。あくまで欲求の話であって、結果的に考え出された技法が欲求を満たしたかどうかは別問題である」

「12音の音列は最後まで到達されなければならない。それが12音技法という枠の中でのルールであって、調性音楽のルールとは何ら関係がない。だから敢えて音階と言わず音列と言っているのだ」

と言われてしまえばそれまでですが…。

 

初心者でも簡単に作れるという最大のメリットがある反面、もしかしたらこの辺りが12音技法のデメリットなのかもしれません。