音楽理論 ざっくり解説

音楽理論をざっくり解説します。最低限のポイントだけ知りたい方へ

ジャズの歴史

スポンサーリンク

今回は、ジャズの歴史についてです。

理論とかではなく、なるべく歴史オンリーで進めていきます。

他の音楽史と違って、ジャズはほとんど一直線に、しかも10年毎に切り替わっていくので非常に覚えやすい。

というわけで早速ざっくり見ていきましょう。

 

1900年以前 ラグタイムとブルース

1900年代 ニューオーリンズ・ジャズ

10年代  ディキシーランド・ジャズ

20年代  スイング・ジャズ

30年代  ビッグバンド・ジャズ

40年代  ビ・バップ

50年代  モード・ジャズ

60年代  フリー・ジャズ

70年代  フュージョン

 

こんな感じです。相当ざっくり書いているので、おそらくジャズに詳しい人が見たら怒ります。しかしここではあくまで「ざっくり」と。初心者の方でも、これらを聴き比べた時に違いがハッキリ分かるように、且つ割と有名なジャンルだけで説明するとこうなります。

 

では順番に詳しく解説しましょうか。

まずは1900年代以前、ラグタイムやブルースといった音楽を土台にジャズが出来上がります。出来上がります、という言い方は適切ではないかもしれませんね。この時代はまだまだ一般的に連想されるような「ジャズ」とはちょっと遠いので。

今ニューオーリンズ・ジャズやディキシーランド・ジャズと言えば、トランペットやクラリネットがいて、ベースはコントラバスないしチューバ、あとはバンジョーやドラム、という編成になっていますが、当時はどうだったのでしょう。トランペットやクラリネットがいたのは確実でしょうが…。

ジャズは奴隷解放されたばかりの黒人が始めた音楽であり、また昔はそもそも楽器自体が少ないですから、そのへんにあるものを楽器代わりにして演奏したようです。今でもガラクタ楽器で演奏する人がたまにいますよね。大きいタライに棒を立てて、そこに太い弦を1本張ってベースにしたり。タライを叩いてパーカッションにしたり。おそらく当時もそんな感じだったのではないでしょうか。バンジョーだって由来はガラクタ楽器ですから。

 

さて、そんな中、スイング・ジャズやビッグバンド・ジャズが始まります。

4ビートのリズムや、アドリブのソロなどが生まれ、このへんになると一気にジャズっぽくなってきますね。地球に変なデカイ昆虫みたいなのしか存在しなかったのに、一気に哺乳類が誕生したような感じがあります。その理由も色々あるのですが、とんでもなく長くなりそうなので省略します。

 

さて、次はビ・バップです。某アニメのタイトルの由来はここですね。

もう完全にジャズです。地球に人類の誕生です。今まではスリーコードに毛が生えたような進行しかなかったのに、和声の拡張を行ったりテンションをガンガン入れたりするようになりました。また、テーマそっちのけでアドリブを何分も演奏し続けるようになったのもこの頃からですね。

ここからハード・バップなどのジャンルに進化していくのですが、それは置いといて…。

 

50年代はモードの時代です。モードとは「旋法・音階」の意味です。

何の音階を使うかと言えば、教会旋法です。バロック時代、いや、ルネッサンス時代に存在した伝説の古代の秘法です。

つまり、長調・短調の発展によってそれらの音階は忘れ去られていた(特にポピュラー音楽では)わけですが、それをもう一回復活させてみた、というわけです。

 

…でもこれ、面白いですか?

もちろん、バーのBGMでかかっていたら最高です。しかしBGMとしてではなく純粋にこれを楽しむ、メロディを口ずさみたくなる、足でリズムを取る、という人はあまりいないのではないでしょうか。

40年代に高度に発展し絶頂期を迎えたジャズは、やはり行き詰まりを迎えたようです。

その後登場したフリー・ジャズは、もはや何が何だか分かりません。音楽が演劇だとすると、これは演劇ではなくただの雑談。いや、個人個人がお互いを無視して独り言を喋っているようなものです。

 

そんな中、ジャズはポップス界にも進出し、フュージョンが誕生します。フュージョンブームをリアルタイムで体験してない世代にとってはF1のテーマ曲ですよね。

 

 

50年代以降の流れを見ても、正直ジャズがもう一度新たな試みと共に復活するという流れはないでしょう。素晴らしい音楽ジャンルではありますが、短期間で急激に成長しすぎました。

未来ではジャズに代わるようなモンスタージャンルは誕生するのでしょうか。

楽しみなところです。