音楽理論 ざっくり解説

音楽理論をざっくり解説します。最低限のポイントだけ知りたい方へ

コードの覚え方 前編

スポンサーリンク

今日のテーマはコードネーム(通称コード)です。

ポピュラーミュージックを演奏する上で避けて通ることはできませんが、なかなか覚えられない、という方も多いのではないでしょうか。

そもそもコードって何なの? というところから説明しましょうか。

コードとは、和音です。ドミソとか、ソシレとかの、あの和音。それをアルファベット1文字ないし2文字と、いくつかの数字(だいたいは1つ)で表しています。

 

それを覚えるとどうなるの?

ポピュラー音楽が簡単に演奏できるようになります。

基本的に楽譜通り弾かなければいけないクラシックとは違い、ポピュラーでは細かい部分はその都度演奏者に任されます。この時、楽譜にはコードだけが書かれており、「細かい部分は自分で考えて弾いてね」となるわけです。

また、バンドでオリジナル曲を作る際も、コードだけを決めて細かい部分は各パートが自分で考えることになりますから、いずれにしてもコードの知識は必要です。

 

では、コードの覚え方を解説します。

あのアルファベットや数字が何を表しているのか。構成は簡単です。

・ルート音   ・明暗   ・追加音

これだけです。

f:id:mie238f:20170730000945j:plain

順番に見ていきましょう。まずはルート音です。

ルート音とは、日本語にすると根音。最低音のことです。

ここに書いてある音を基準として和音を構成していきなさい、ということです。

「いや、音と言われてもここにはアルファベットしか書いてないし…」という方は、ドレミのアルファベット表記から覚えましょう。

 

C D E  F   G  A B

ド  レ  ミ  ファ  ソ ラ シ

 

Cから始まります。ドから順番にC D E … です。

Cと書いてあったらドが最低音。Dと書いてあったらレが最低音です。F#と書いてあったらファ#が最低音です。

 

なんでCからやねん! はい、絶対来るであろう突っ込みですが、残念ながら諸説あるためよく分かりません。昔の音階はラから始まっていたため、ラがAになったとも言われていますが…。

 とにかく、Cがド!

そういうもんだと思って諦めて下さい! 電気が本当はマイナスからプラスに流れているのと一緒で、もう今更直せません!

 

ちなみに、ルート音は最低音だと言いましたが、バンドにおける最低音担当者と言えばベースです。ベースの人は基本的にこのルート音を弾くのが仕事です。

ベーシストの方はここから先の話は関係ないから、もう帰っていいよ。

 

…すいません。嘘です。

 

次に、明暗です。

明るい響きの和音なのか、暗い響きの和音なのかをここで決定します。

暗い響きの時は「m」を書きます。マイナーの頭文字です。

明るい響きの時には特に何も書きません。明るい和音はメジャーと言いますが、メジャーの頭文字もmのため区別ができないので。

 

では、メジャーの和音とマイナーの和音の音の配置を見ていきましょう。

例題としてCとCmを考えてみます。

f:id:mie238f:20170716010058j:plain

Cのコードの場合、構成音はドミソとなります。

ピアノの鍵盤で考えると、ルート音に対して4つ上の音と7つ上の音で構成されるわけです。(鍵盤は黒い部分も含めて考えます)

Cmのコードの場合は、構成音はドとミ♭とソです。

ピアノの鍵盤で考えると、ルート音に対して3つ上の音と7つ上の音で構成されるわけです。

ソの音は共通ですね。ということはCとCmの違いは2番目の音がミかミ♭か、ただそれだけということになります。簡単ですね。

 

ルートが変わっても、もちろん考え方は一緒です。

例えばGとGmだったらどうなるでしょうか。

 

まずルートはどちらもソの音です。

メジャーコードはルート音に対して4つ上の音と7つ上の音で構成されますから、Gのコードの構成音はソ シ レですね。

 

それに対してマイナーコードはルート音に対して3つ上の音と7つ上の音で構成されますから、Gmのコードの構成音はソ シ♭ レとなります。

 

超簡単!

 

これだけでほとんどのコードは弾けるようになります。

この後に数字がくっつくこともありますが、先述のように数字はただの追加音ですから、別に弾かなくても間違いではありません。初心者の方はまずはここまでしっかりマスターしましょう。数字は追々で構いません。

 

最初のうちは覚えるのが大変ですが、慣れてくればコードを見た瞬間に指が動くようになりますよ。それまではコードの横にカタカナで小さく「ドミソ」とか書いときゃいいのです。

大事なのは、自力でコードの構成音が分かるようになることです。時間はかかっても構いません。

 

では、慣れてきた方は後編へ。

www.mie238f.com