音楽理論 ざっくり解説

音楽理論をざっくり解説します。最低限のポイントだけ知りたい方へ

増六の和音(裏コード)

スポンサーリンク

次に紹介する和音は「増六の和音」です。

これはドッペル・ドミナントの一種で、ドッペル・ドミナントの第5音を半音下げることによって作られます。

つまりキーがCのときのD7ですね。D7のラの音を半音下げた形なのですが、そのままではファ♯とラ♭がぶつかって凄い響きになってしまうので、ラ♭をルートに持ってきて第二転回の形で使用されます。

ラ♭とファ♯、この2つの音が特徴的な和音なので、この2音の音程から「増六の和音」と呼ばれます。

 

増六の和音には色々と細かいバリエーションがありまして、まず普通にD7の第5音が半音下がった形をフランスの増六、そこからレの音を省略した形をイタリアの増六、そこからさらに♭9の音をくっつけた形をドイツの増六と言うらしいです。

f:id:mie238f:20171216141744j:plain

国名に特に意味はないらしいので、覚える必要はありません。「イタリア」とか「ドイツ」という国が当時存在していたのか? という話になりますしね。

スポンサーリンク
 

さて、半音下がった第5音は限定進行で短2度下行するのですが、ここで一つ困ったことが起きます。

ドイツの増六(♭9のやつ)をドミナントに進行させようとすると、第5音と第9音がともに限定進行音のため連続5度が出来てしまいます。

f:id:mie238f:20171216141859j:plain

しかし両方とも限定進行音なのだから、これはもうどうしようもない。もし限定進行を無視して他の音に行かれでもしたら、そっちのほうが迷惑です。よって、この連続5度はテノールとバスで生じる場合のみ黙認しましょう、ということになっています。

この緊急避難的進行はモーツァルトがよく使ったらしいので「モーツァルト5度」と呼ばれています。

 

では最後に、裏コードとの関係について説明して終わりにしたいと思います。

裏コードとはポピュラー音楽の用語で、あるセブンスコードと同じトライトーンを持つもう一つのセブンスコードのことを指します。

 

…え、何言ってるか分からない?

つまりG7というコードがあったとき、それと同じトライトーン(ファとシ)を持つC♯7のコードのことを、G7に対する裏コードと呼ぶのです。使い方としては、G7と同じドミナントの機能を持っているのでCに進行させることが出来ます。

 

増六の和音は、先程の譜例の構成音を見てみるとA♭7のコードそっくりですね。ドイツの増六なんてもろ一緒です。ということは、D7と同じトライトーンを持ち、かつA♭7→Gという半音下行をするドミナントであるとも言えるので、裏コードの正体は増六の和音であると言えます。

ただし完全にイコールではありません。古典和声の範囲で言えば、増六の和音はあくまでドッペル・ドミナントなので、次に来るのはドミナントです。つまりC♯7のコードがあった場合、ドミナントのCに進行して、そこからFか何かに行くなら構いませんが、トニックのCに進行するのはアウトだということです。

 

ポピュラーの裏コードは半音下行であれば何にでも進行できますが、クラシックは色々とうるさいですね。しかし、このように音の意味を根本から理解することで、より深い曲が書けるようになるのですよ。