音楽理論 ざっくり解説

音楽理論をざっくり解説します。最低限のポイントだけ知りたい方へ

なぜ連続5度は禁則なのか

和声学の一番の禁則と言っても過言ではないのが「連続5度」です。 もう「他はやってもいいからこれだけはやるな!」ぐらいのレベルで教わるのですが、その割には実際の作品にはけっこう登場するんですよね。 こちらはドビュッシーの「沈める寺」です。 www.…

コード進行の規則 後編

はい、コード進行の規則 後編です。 前編では、音階上の7つ(使うのは6つ)の和音の役割について説明しました。今回は、もう一歩踏み込んでノンダイアトニックコードについて解説いたします。 ダイアトニックとは簡単に言うと「音階上の」という意味で、ハ…

コード進行の規則 前編

「コードはもう覚えたぜ!完壁だぜ!でも作曲する上で、これをどう並べたらいいかが分からないんだよなぁ…」 そんなあなたにお届けするのが今日のテーマ「コード進行の規則」です。 「やべ、俺コードまだイマイチ分からないんだよなぁ…」という君は、これを…

転調 後編

転調 後編です。 Googleで「転調」で検索しようとしたら「店長 うざい」と表示されました。その意見については私も賛成です。 前編では転調・借用の基本的な考え方について学びました。後編では実際の曲を聞いてみましょう。しかしその前に、前編で言い忘れ…

転調 前編

今日のテーマは転調です。 転調とは何でしょうか。曲の調が変わることです。 調とは、簡単に言ってしまえば#とか♭の数ですね。これが変われば転調です。よく最後のサビで半音上がるのが転調だと思ってる方がいますが、…まぁあれも転調であることには違いな…

ギターとベースの先祖

今日は歴史のお勉強です。 ギターとベース、皆さんよくご存知だと思います。バンドには欠かせない楽器ですから、見たことない人はいないでしょう。 この2つの楽器、非常に似ています。まず見た目がそっくりで、音楽をやったことない人はパッと見て見分けが…

和声法 後編

和声法、後編です。 前編では和声の基本的な考え方を学びました。しかし私が和声を勉強していたときにず~っと分からなかったのは、この単なる和音の繋がりをどうやって実際の作曲に活かせばいいのだろうか、ということです。 実際の曲では音が動き回ります…